検索
 

2019年04月09日

認知症予防に欠かせないこと


私は、認知症予防に水分補給が大切だと常々言っています。

それに思い当たったのは、私が昨年脱水症になったからです。脱水症の症状は、非常に認知症の症状と似ています。頭が回らないし注意不足になります。そこからくる心の問題としてやる気はなく、何をしても楽しくない。体がだるいので動くこともしない。認知症の症状とそっくりです。

私はこんなことを経験したので、脱水症状は、「急性認知症」思っています。


急に暖かくなる季節。油断せずに水分補給を心がけましょう

th[8].jpgth[8].jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

認知症は生活習慣病です。一つの予防法で認知症の予防改善は望めません。
複数の予防法を一生続ける事が肝心です。

1 まず水を飲みましょう。(利尿作用のあるコーヒーやお酒類は水分補給になりません。)
2 深い呼吸をしましょう。(笑いましょう)
3 運動をしましょう。
4 バランスのいい食事をしましょう。
5 人とのコミュニケーションをしましょう。
6 よく寝ましょう。


中でも水分補給は大切です。水分補給を忘れないようにしてください。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 09:22| 岐阜 ☀| Comment(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

腰痛がすぐに消える‼‼ 前屈

腰痛もちな方は多いと思います。「足の振り子運動」は私の過去記事で人気の高いものです。そこでもう一つ腰痛によく聞く運動を紹介します。

前屈です。体を前に倒すだけ。ちょっとしたコツがありますが。
説明します。

@ 足を開いて立つ。
A 足を延ばしたままゆっくりと体を前に倒す。
B 息を止めずに倒したまま体をゆする。(体をゆらゆらさせる)
C ゆっくりと元に戻る。

次は、体を斜めに倒していきます。

@ 足を肩幅よりも広くたちます。
A 両手を片方の足につけます。
B 手を足に付け滑らせながら付けつま先のほうにゆっくり体を倒していきます。
    できるだけで結構です。無理はしないでください。
C 体を左右にゆすります。
D ゆっくりと体を元に戻します。
E 反対でも行う。

これで痛みは消えていきます。即効性もありますから痛くなった時に行ってください。
振り子運動を組み合わせるとなおいいです。


日常の習慣にすると腰痛予防になります。

めんどくさいときは、斜めの前屈だけでもいいですよ。



posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 08:44| 岐阜 ☁| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

温故知新

最近妙に気になっていることがあります。
昔からの言い伝えにはただの伝説に過ぎないと言い切れないものがあるのではないかという事です。
百年二百年前からの者は眉唾物が多いと思います。500年言い伝えられたものは、信ぴょう性が高く、1000年以上続いている言い伝えは間違いない。

今の科学での測定や数値化ができないだけだろうと思うようになったのです。

きっかけは、筋トレ。石井直孝という日本一の筋肉博士の本を読んでからです。この方今後5〜6年で筋力トレーニングの常識が変わると言って見えます。

また、筋肉の発達は20年位前までは、3ケ月のトレーニングをしないといけないという事でした。しかしいまは、CTやMRIの発達日より1か月で筋量の増加が確認されているそうです。更に10年もすれば、1週間で筋量の増加が確認されるだろうと言って見えます。

また、トレーニングにおいても80%の負荷で10回3設置御位が、筋量を上げるベストだと言われていますが、今は、筋肉内環境(k越流制限により起こる現象)が悪化すればその後筋量が増えると言われており、その研究により筋トレの常識が変わるという事だそうです。

つまり、科学的な考察は常に変化するもので、100年たったら今と違う事になっている。したがって1000年言い伝えられたものは、本質が隠されていて、今の人はそれを証明できないだけだと考えるようになったのです。


そんなことで認知症予防なのですが、西洋的な医学や西洋的な理学療法など日本独自の考え方が皆無です。運動、栄養、休養(趣味や社会活動活動)は認知症予防に欠かせません。これは西洋的な考えです。私はこれに加えて、心の問題を上げ、仏道の修行方法を提唱したく思います。

簡単に言えば瞑想、座禅、瑜伽唯識(マインドフルネス)です。

これを運動に取り入れ、動きながら今を認識する。今自分の行動に集中する(マインドフルネス)という事を提唱します。
私はスロートレーニングにこれを取り入れ、筋トレ瞑想としてあ著書の「アンチエイジングトレーニング」に書いてあります。
これは今で言うデュアルタスクにもなっています。体を動かしながら、その筋肉を意識するというかなり集中力のいる作業です。

瞑想は、古来より頭脳を明晰にすると言われていました。今、瞑想の心理効果が調べられるようになって、マインドフルネスに限らず禅も瞑想も注目を集めています。瞑想をると短期記憶をつかさどる脳の海馬が大きくなってるという事もわかってきています。


昔からの技術を見直そうではありませんか。



posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 11:03| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

笑うと花粉症症予防になる?

私は、趣味が仏教なので毎朝勤行をしている。それに合わせて瞑想を行っています。この時線香を付けて蝋燭を灯してお経を読み上げるのですが、この煙のためでしょうか治まっている目のかゆみと鼻水、くしゃみが再発します。薬で抑えているのですが、どうも線香の煙が加わるといけないようです。

そこで今日は、笑ってみました。すると認知症の症状が消えたのです。

「笑い」には免疫力を高める効果があります。笑う真似だけでも同等の効果があると言われます。花粉症のようなアレルギーは、この免疫が自分の体を攻撃することが原因と言われています。この免疫力を抑えればいい訳です。笑いは、免疫力を高めるだけでなく、正常に戻す効果もあるのではないかと考えました。そこで笑ってみたのです。

効果はてきめんでした。5分ほど笑うと、目のかゆみと鼻水が収まりました。くしゃみも収まりました。

凄い‼‼‼!


今回は、笑うだけでなく、小腸を意識(おへその下あたり)して、笑いました。小腸は免疫の中枢だと言われています。免疫なら象徴と言う事でやってみました。5分です。5分ほどで効果が表れ、その後の瞑想には花粉症の影響なく瞑想できました。

追伸
私の瞑想は真言瞑想なので、真言を笑いに変えて行いました。真言を笑いに変えるなど罰当たりと考える方は、いつも笑顔の大黒天様から笑いをいただいていると観想しながら笑うのがいいでしょう。


おなかに集中して笑ってみた感想をコメントしてください。








posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 08:32| 岐阜 ☔| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

健康法を考える

今日新聞を飛んでいて気になったことがありました。

健康のためにタバコと酒などをやめようということに疑問を感じるという記事です。楽しめばいいという提言です。
この記事は、健康的に生きることがストレスになりすぎる。そうならないようにほどほどにしたらいい。楽しんで酒もたばこも取り入れればいいのではないか、ということでした。(人に迷惑がかかるようで引けません)人はいずれ死ぬのですから、いたずらに寿命を延ばすのではなく楽しんで幸せに生きるということが大切だということでした。

わたしがこの記事の何が気になったかというと、健康的に生きなけらばならないというあらゆる健康法には、幸せに生きるためという前提が有ると思うわけです。というかそこを深く考えていないのではないでしょうか。

病気をするとつらいものです。辛さを味わうのなら病気をしないように健康的な生活をするのが早道です。そのための健康法なのですが、健康法にこだわりすぎて楽しくないようなことは避けなければなりません。人によって価値観が違うのですから、太っていてもいいという人もいるのだと思います。逆にダイエットのし過ぎでやせすぎの方も増えているということです。

日本の若い女性は、世界的にみるとやせすぎが多く、中には骨粗鬆症になっている方も見えるということです。やせすぎの女性が妊娠すると胎児に悪影響が起こるということも起こってくるということです。ダイエットは健康法の一つですが、これでは幸せに生きていくということはできません。目先のこだわりが、人生を台無しにするということですね。


わたしは、アンチエイジングtレーニンぐを推奨しています。これは死ぬまで元気に楽しく暮らしていくということを目標にしています。そのためのトレーニングなのですが、それは多岐にわたります。運動をして、おいしく食べてよく寝て、趣味を楽しむ。これが私のアンチエイジングトレーニングなのです。しかし運動はつらいものです。おいしく食べると食べ過ぎてつらい。寝すぎると頭がボーとして集中力がなくなる。趣味に没頭するとほかのことに頭が回らず人に迷惑をかけることになり、お金をかけすぎることになる。これでは幸せといえません。

ほどほどが大切です。


仏教に「人生は苦だ」というものがあります。好きなことでもやりすぎは苦になります。自分に合った方法を見つけて幸せにに生きていくということが大切だと思います。アンチエイジングトレーニングもそのためにあるのです。


posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 09:01| 岐阜 ☁| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド