検索
 

2018年08月31日

マインドフルネスで「筋トレ」(筋トレ瞑想)

マインドフルネスで筋トレを行うことができます。マインドフルネスは、五感を働かせて今の自分の状態に気が付くという事を行います。普通、おなかの膨れや凹みを意識して呼吸をするというものです。私は歩くマインドフルネスを進めています。歩く時の足の裏を意識して、自分の今を感じ取るというものです。

筋トレ瞑想は、足などの筋肉に意識を集中します。例えばスプリットスクワットというものがりますがこれで説明してみましょう。

スプリットスクワット
1 足を肩幅に開く。
2 右足を1歩前に出す。
3 右ひざを曲げながら沈み込む。ひざはつま先から出ないようにする。5秒かける。
フロントランジ.png
4 2に戻る5秒かける

2で右足に意識を持っていくと、右の大腿四頭筋に力が入っているのを確認します。更に沈み込むと右ひざの関節に力が加わっているのを感じることができるでしょう。沈み込むのに5秒というのは、この力の入り方に意識を持っていく。筋肉の状態に気づくためです。これがマインドフルネスになります。
4では大腿四頭筋に疲れを感じるかもしれません。マインドフルネスでは、そこを感じたら疲れを感じていると意識してください。その先辛いとか辞めたいとかは思わずに淡々と力が入っていることに意識を集中するのです。これを気づきを入れるとかサティを入れるなどと言います。この時バランスを崩すかもしれません。バランスを崩したら、バランスを崩したと思ってください。しまったとか失敗だなどと思わないことが肝心です。

2に戻ったら同じように繰り返します。初心の方は3回くらいから行ってください。これで筋トレになります。スロートレーニングでスプリットスクワットを3回行ったことになるのです。

足を変えて3回行ってください。これで約1分の筋トレと、1分のマインドフルネスを行ったことになります。

筋トレの場合、インターバルがありますので、その時は、呼吸に集中するのがいいでしょう。息を吐くときは、おなかがへこんだ、吸うときはおなかが元に戻ったなどと意識します。呼吸の場合、吐いている息を長くすることが肝心です。それで長く吐いている、短く吸っているなどと意識しても構いません。吐く息を7秒吸う息を3秒とした場合10秒ですので6回くらいの呼吸でで1分となります。これでインターバルは終わり。筋トレ瞑想に移ります。

3セットも行えば6分くらいのマインドフルネスになります。マインドフルネスは長く行うというよりも、短くても何回も行った方が効果的です。私は最低3分からのマインドフルネスを勧めています。気分転換にはちょうどいい時間です。

今回はスプリットスクワットで6分をご案内しましたが、慣れてきたら1セットだけでも気分転換や筋トレの効果も出ますのでお試しください。

短い時間でマインドフルネス状態に入れるようになりますよ。





posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 17:38| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

食べて痩せるダイエット

マインドフルネスでダイエットができます。

マインドフルネスは、五感を働かせて今現在の感覚に注意をむけます。五感の中に味覚、口や舌、のど越しなどの触覚があります。これを働かせて食品の味や香りを観察するのです。観察しながら食べるという事を行います。これが食べるマインドフルネス。

この講座をオーキッドパークの「オーキッドカルチャーセンター」で行います。ご興味のある方はご参加ください。
毎月 第1土曜日〜第4土曜日 月4回 13:00〜14:30


お申し込み お問い合わせ
オーキッドカルチャーセンター
〒500-8891  岐阜県岐阜市香蘭2-23  電話  058-254-8010
オーキッドパーク西館3F 

マインドフルネスは簡単な瞑想です。私は普通は歩く瞑想を進めています。歩くことにやって有酸素運動になり、それだけで血行が良くなりますので健康状態も良くなります。それに加えて、気づきを入れる、歩くことに集中し、現在の自分に気が付いていくのです。そのため、自分自身をがんじがらめにしている環境を、客観的に見れるようになり、とらわれている心が軽くなり、ストレスから解放されるのです。体も心も癒されるのが歩くマインドフルネスです。歩くという行動をすることで、長い瞑想も楽にできます。初心の方は、座るマインドフルネスの場合5分が長く感じられますが、歩くマインドフルネスの場合、さほど苦になりません。

心がぶれたら、また歩くという行動に集中しやすいのです。そういう理由で歩くマインドフルネスを勧めています。

今回私がダイエットにも応用できるように食べるマインドフルネスと、スロートレーニングに因るマインドフルネスを合わせて行う事で、健康的な減量(やせる)ができるようなマインドフルネスを編み出しました。

食べるマインドフルネスでドカ食いが無くなり、間食も減らすことができるようになります。食事を味わう事で、少量でも満足感は高まります。それで体重が落ちていくのです。体重が落ちるという事は、脂肪と同時に、筋肉も落ちていく場合があります。それを避けるために運動しながらマインドフルネスを行います。

つまりリバウンドしにくいダイエット(減量)になります。

筋肉に気づきを入れることでそれが可能になります。ゆっくり動かすスロートレーニングがそのために最適となります。

言葉ではわからないかもしれません。どうぞ体験してみてください。




 
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 17:17| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

NHK文化センター 岐阜教室で、「延ばせ健康寿命 アンチエイジングトレーニング」という講座を開きます。

NHK文化センター 岐阜教室で、「延ばせ健康寿命 アンチエイジングトレーニング」という講座を開講することになりました。この講座は認知症予防にも対応しています。ご興味のある方はご参加ください。

10月〜12月 第一。第三月曜日。
詳しくはNHK文化センター岐阜教室にお問い合わせください。
電話 058−264−6311

アンチエイジングトレーニングというものを考え出してからかなりたちました。その間に筋肉(体)のトレーニング方法や、心のトレーニングなど様々な変化があります。

筋肉を丈夫にするにしても、今までは重い負荷をかけてトレーニングするのが常識でしたが、今は軽い負荷でもそれなりに筋肉が太くなることが分かってきました。例えば、スロートレーニングや、加圧トレーニングです。スロートレーニングは私が推奨しているもので、軽い負荷を8秒ほどかけて筋肉に刺激を与えるというものです。道具を使いませんので覚えれば自宅でもトレーニングができます。負荷が軽いと言う事で安全です。そのため女性や高齢者にのトレーニングに適しています。
加圧トレーニングは、腕や足の付け根に専用のベルトを巻いて血流を制限するという特殊なトレーニングです。これは血栓ができたり、腎臓の障害が出たりすることもあるので、安全に行うには専門のトレーナーにつかねばなりません。

心のトレーニングは、マインドフルネスが有名になり、簡単な瞑想で心の安定と脳機能がアップすることが分かってきました。このマインドフルネスで認知症の改善にも効果があることが分かっています。

心のリセット法として「笑う」と言う事も有効です。笑うと言う事が心の健康にいいということが、この数年でよく研究されだしました。笑うとつらさがリセット去ります。鬱に効果的だと言われています。また笑いは腹式呼吸なので、自律神経の働きもよくなります。心も安定するのです。



こういったことを取り入れた笑いながらのスロートレーニングと、マインドフルネスで健康寿命を延ばそうという講座を企画しました。
これらのことは、認知症予防にも適していることが分かっています。若年性認知症にお悩みの方も体験してください。仕事に差し障りが出てきた方など改善効果があります。

進化したアンチエイジングトレーニングをご体験ください。

今回の講座は。そうした流れに対応したものです。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 17:10| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

臨床動作法

臨床動作法」というものを体験しました。聞きなれない言葉ですが、体を動かす筋肉を意識する療法です。普通筋肉に力を入れるとその場所の体が動きます。上腕二頭筋に力を入れるとひじが曲がるという動作です。力を入れたら力を抜きます。すると腕は下がりまっすぐになります。これを意識する。私はこれを「筋トレ瞑想」とよんでいます。(アンチエイジングトレーニング P42ここでは「イメージトレーニングを利用したスロートレーニング」とよんでいますが、これを後日「筋トレ瞑想」とよぶことにしました。今風にマインドフルネスで筋トレという事もあります。)この技法で筋肉の弛緩に注意を向けて、体の緊張を解くというものが、臨床動作法だと理解しました。

肩が凝っているという事は、いつも肩に力が入っているという事です。その力が入っていることを体や脳に解らせて、力を抜くという事ができるようにする。このような療法です。私はストレートネック気味で、首が前に出て、さらに肩は前に出ていました。今はトレーニングでだいぶ治ったのですが、まだ僧帽筋の上部に力が入ったままになっていて、かか他の緊張が取れないでいます。それがこの「臨床動作法」で改善できるようになりました。

私の動きは動作療法士さんも笑ってしまうほどうまくいっていたようです。私はいつも筋肉を意識するので、療法士さんのいう事、筋肉の動かし方がすぐ実行できたのだと思います。

YouTubeに「動作法」というのがありましたので紹介しておきます。

体験を受けた感想として、これは瞑想だと感じています。筋肉を意識する瞑想。先と同じことを言うようですが、マインドフルネスや、ヨーガ、瑜伽に相通ずるものがあると感じました。いつも以上に筋肉がほぐれて、非常にリラックスした感じになりました。今まで力を抜いたつもりでも、少しは筋肉が緊張していたのだとわかります。この緊張が肩が痛くなったり、肩こりになる原因だと改めてわかりました。





posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 15:59| 岐阜 ☔| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

イミダペプチド

イミダペプチド(イミダゾールペプチド)は疲れを取る物質として注目されています。これはアミノ酸が結合してペプチドになったものです。骨格筋や脳、肝臓、心臓などに含まれている物質で、活性酸素を抑える働きがあると言われています。活性酸素を抑えることで疲れにくくなるということです。人にとっても疲れにくいという事は実験で確かめられていますので今話題になってきました。筋トレをしても回復力が速く、筋肉が付きやすいのです。

筋肉だけでなく、脳にも多く含まれていることで、これを多く摂取すると、脳の健康にもよいという事もわかってきました。いわゆる認知症予防になるのです。

イミダペプチドは特に鳥の胸肉や、マグロ、カツオなどの回遊魚に多く含まれています。今人気になっているのは、鳥の胸肉で、たんぱく質が取れてイミダゾールも取れることから、アスリートにも注目されるようになりました。アスリートや、ボディビルダーなどは、筋肉に良いと言えば味は関係なく食べるのですが、一般の人にはそれは通りません。私は料理は専門ではないので、鶏むね肉の料理のサイトを紹介しておきます。
 クックパッド  https://cookpad.com/category/924

鶏むね肉は、ぱさぱさなので、はちみつに漬けるとか、酒粕に漬けるとかの技もあるようです。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 11:39| 岐阜 ☔| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド