検索
 

2018年11月09日

高齢者は何時からか

「延びる健康寿命 高齢者は75歳以上なら年金不安解消」https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37164090R31C18A0000000?channel=DF260120166518&n_cid=LMNST002&page=3という記事を読みました。
ここに書かれていることは、平均寿命は、男性81.1歳、女性87.3歳なのだから、高齢者を75歳以上にして年金受給者を減らすという事です。本文の中には、「日本老年学会と日本老年医学会の研究報告によれば、日本の高齢者は「若返り」を見せているというのです。報告書は現在の高齢者は10〜20年前と比較して加齢に伴う身体的機能変化の出現が5〜10年遅延しており、若返りの現象が見られるそうです。高齢者は65歳からではなく、75歳からに再定義すべきではないかと述べています。」と書かれていて、さも健康な人が多いと言わんばかりです。著者は健康寿命にも触れていますが、その観点からの記述はありません。私はこれを問題視しています。


著者は次のようにも述べています。「健康寿命、つまり、日常生活に支障のない期間も確実に延びつつあります。平均寿命の延びも健康寿命の延びが上回っていることは高齢社会白書でも触れられています。健康寿命は男性が72.14歳、女性が74.79歳だそうです(16年)。01年には男性69.40歳、女性72.65歳だったことを思えば、15年間で2年元気な期間が増えたことになります。」著者自身「健康寿命、つまり、日常生活に支障のない期間も確実に延びつつあります。」と言っているのです。著者自身、これを過ぎると普通の生活、つまり仕事に差しさわりがあると言っているのです。

健康寿命は、元気に生きていける寿命です。これが働ける時間だと思います。これを過ぎてからは何らかの障害があるため仕事どころではなくなるという時期です。したがって私は、健康寿命に随って高齢者という人を考えるべきだと思っています。私自身62歳ですが、まだまだ働けています。したがって老人、高齢者としての扱いは不当だと感じています。そして75歳以上を高齢者とするには無理があると考えます。現在で考えると、70歳以下で高齢者の判断をするのが適当だと考えます。余生も動けるうちに楽しみたいと思うわけです。ですから高齢者としての扱いは、67〜68歳くらいを提案します。75歳を高齢者とするのは、政府の無策(年金や医療費など)の片棒を担いでいるに過ぎないと思います。

アンチエイジングトレーニングの立場からしても高齢者としての扱いは、67〜68歳がいいと考えます。働く時期が長くなれば、いやが上にも体を動かさなくてはいけません。通勤する事だけをとっても歩く、運転するなどの行動を伴います。仕事では人間関係にも揉まれます。仕事があると家に閉じこもるという事も少なくなります。これは、健康寿命を延ばすことにもなります。

アンチエイジングトレーニングは、運動、栄養、休養(睡眠)が三本柱です。このうちの運動は労働することで少しは補えます。デスクワークの人でも先のように通勤には体を動かします。人とのコミュニケーションは、認知症予防の要です。私は労働期間を長くする、税金を納める期間を長くするというのには、反対しません。ただ、国の支出を抑えるためだけに健康を害して働けなくなるような人々への福祉を切り捨てるような安易な考えには反対です。

働ける期間は、健康寿命という良い指標があるのですからそれを利用してほしいと思います。

政府は、高齢者と定義するのは、5年などと期間をに区切って改めるというような柔軟な姿勢を見せてほしいものです。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 11:46| 岐阜 ☔| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

能の様に腰を落としたまま歩く。

 能を舞うように腰を落とし、膝を曲げたまま歩いてみました。これが結構きつい。いい脚のトレーニングになりました。
 膝を曲げてゆっくり動くのでスロートレーニングのように、大腿四頭筋が緊張したままになります。だいでんきんやまた、歩いているのでバランスの感覚も付きます。大臀筋に力が入ることも確認しました。背筋を垂直にしているからでしょうか。腰にも力が入ることもわかりました。

 100mほど歩いたでしょうか。スクワットをやり終わった時のような足に張った感じがのこりました。かなり足に効いているという実感がありました。これはいい。脳や日本舞踊は、膝を曲げたままの動きが多いのでかなりな運動量があると聞いていました。まさにそれを体感しました。ウオーキングランジと似ていますが、膝を伸ばす時がないので、こちらの方がよく効くように思います。


 ジムや家でスクワットやフロントレイズをやると閉塞感があり、あきるのが早いですがこれは楽しい。楽しんで筋トレができました。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 15:54| 岐阜 ☔| Comment(0) | スロトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド