検索
 

2019年08月02日

鬱予防

体を動かす。
良く眠る。
笑う。
マインドフルネス(呼吸法、瞑想)

体を動かす。
体を動かすとストレスが和らぎます。体全体に血液が巡り、酸素と栄養が回り疲れだるさが取れていきます。軽い運動で「脳由来神経栄養因子(BDNF)」というものが出て海馬や前頭前野が大きくなるという報告があります。

よく眠る(質の高い睡眠)
鬱の方は睡眠不足が多いようです。睡眠は、体だけでなく心も脳も回復します。睡眠中には成長ホルモンが多く出ます。これにより細胞の修復され、脳も体も心も元気になります。

笑う。
免疫力が高くなる。けがの直りが早い、うつ、認知症の予防になる。楽しくなる。など。いわゆる嘘笑いでも同じような効果があると言われています。
笑いは心をリセットする人間だけに与えられた高度な脳機能です。その割に医学界では疎んじられています。もっとその効用を利用すればいいと思うのですが。

マインドフルネス
マインドフルネスで、海馬が大きくなるという報告があります。また脳も活性化します。記憶だけでなく判断力も上がり、やる気も出てきます。自律神経を整えて体も心も調子が良くなります。

鬱になると何もしたくなくなるので一人で解決するのは難しくなります。人に何か言われると拒否を起こすことも有るようです。鬱になりそうと気づくことは非常にいいことだと思います。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 09:44| 岐阜 ☀| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド