検索
 

2020年05月04日

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策の見直しについて思う事。令和2年五月四日

神戸で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗体を持つ人が5万人。人口の3.3%の方が抗体を持っていると発表されました。
半月ほど前には、ニューヨークでも同様に予想以上の抗体を持つ人が多いとは発表されています。これは知らない間に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかって治っているという事を表しています。あなたももしかすると治っている人かもしれません。

これにより、これほど恐れる病気ではないと今更ながら確認しました。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の閉じ込めは失敗していると思うのです。また、ほっておいても閉じ込めても結果は変わらないと思うのです。と言うかほっておいた方が集団免疫効果が早く表れ、収束するのも早いのではないかとも思います。

失敗しているのなら、閉じ込め政策は見直してもいいのではないか。そう思います。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による病気の重症化は免疫力の落ちた方です。免疫を上げる努力を勧める事が肝心。かからないではなく、かかっても軽く収まるようにする。そして経済活動を始める。

これこそ日本式新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策だと思います。重症化しなければ病院に行かなくても済み、医療崩壊は起こらない。医師も助かる。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策見直しはこうあってほしいものです。


こういう発言をしていますが、私は閉じこもり、ステイホームにより、2キロ太りました。(一応筋トレは続けています。)
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 09:25| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド