検索
 

2018年10月02日

瑜伽唯識

今日瞑想中に「瑜伽唯識」の違いに気が付きました。

瑜伽は実技。唯識は理論。車の両輪だ。と言う事を。
いまさらと言う感じがしないでもありませんが、そういう事なのです。


例えばフイギュアスケートジャンプの開店をする場合、ジャンプをして回転をするのは技術。技です。これが瑜伽。解説する、言葉にする。これが唯識。

プラモデルで言えば、プラモデルを作るのが瑜伽。組立説明書が瑜伽。

組立説明書をいくら読んでもプラモデルは完成しないと言う事に気が付いたわけです。

私は、瑜伽を何とかできるようになりたいと思い、唯識を学び始めました。これがちんぷんかんぷんで、何から手を付けていいのかわからないという感じでした。奈良の、薬師寺の松久保秀胤長老の本に、唯識は、生活の中で合点するものだと言う事を言われていましたが、そうなのかと思っていろいろ意識をしていたのですが、合点がいくと言う事までは至りません。

それが瑜伽は実技、技。唯識は理論、言葉。ということが分かり、何かつっかえているものが取れた感じがしたのです。

瑜伽の足りないところを唯識で見つけていくと言う事を繰り返しながら行わないといけないと言う事が分かったのです。瑜伽は、ヨーガのことですから、ヨーガだけではただの体操(今風のヨガ)に終わると言う事もあり得ると思うのです。

唯識という理論武装してこそヨーガは完成されて瑜伽となると改めて気が付いた次第。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 17:30| 岐阜 ☀| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

豊かな心 日々の実践 生活の規範

心豊かに暮らすことはストレスをなくし健康的で幸せな生活ができるようになります。
私は仏道を生活の規範にしています。

「仏教」は一生懸命生きた後、今よりいい境遇に生まれ変わる教え。
「仏道」は、実践。今を一生懸命生きること。

「仏教は」、一生懸命生きた後ならいつ死んでもいいという教え。
「仏道」は、「八正道」と、「無財の七施」を行うこと。

寝たきりでも無罪の七施、ほほ笑みはできる。

情けは人のためならず。

心豊か世間のため。
心豊かに、人のため。
心豊かに自分のため。

仏道は、「世のため人のため自分のため」。

一生懸命生きた後に豊かで幸せな暮らしがやってくる。
一生懸命生きることを放棄すると、悩みが増える。


情けは人のためならず。

世のため人のため、自分のため

posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 08:15| 岐阜 ☀| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

お正月

 年末ですね。お正月の準備に忙しくしている方も多いと思います。そこでお正月について。
 お正月というのは、1月を言います。また、新春ともいわれるように、春を迎えることになります。この春は、旧暦の春のことです。昔は年の初めが春の初め、頃としては今の節分になります。お節料理とは、この節分に食べるご馳走なのです。新たな年を健康に迎えるといういわれがあります。お節料理の中の物は縁起がいいとされるものが多く、五穀豊穣を願う意味もあります。黒豆は健康(まめに暮らす)に、カズノコ(子だくさん)など子孫繁栄の意味もあります。たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなど栄養的にも優れています。

 飾りつけをするのは、五穀豊穣の神「年神(歳神)様」を迎えるためのおもてなしと、目印のためと言われています。年神様は、ご先祖様の祖霊が、春は田の神、秋は山の神、正月には年神様となって訪ねてくるといわれます。年中ご加護がいただけるありがたい神様です。
 この神様をもてなして、新たな一年を健康で豊かに過ごそうという事がお正月の謂れ(諸説あり)だという事だそうです。

 アンチエイジングの三大柱は、運動、栄養、休養です。よく働いて、体を動かし、栄養価の高い食事をし、休みには楽しくすごす。お正月に通じます。
 
 年末年始、お体にお気を付けになってお過ごしください。

 来年も若々しく元気に暮らしましょう。

 最安値 下をクリック
アンチエイジングトレーニング 小縮小のコピー.jpg
アンチエイジングトレーニングは
アマゾンでも販売しています。
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド