検索
 

2021年01月24日

色によるアンチエイジング

 フワちゃんと言う芸能人が人気ですね。明るすぎる芸能人と言う事で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で暗い感じの世相を吹き飛ばしてくれるキャラクターに人気が集まっているように思います。話し方も動きも若々しさを感じるキャラクターですね。いつもニコニコしていて元気がもらえる感じがします。
 若々しく感じるのはその服装や使っている色にも原因があると思います。赤や青、黄色にピンクと言った、派手な色使いですね。茶色や紫色にしても明るい感じの色にしています。これこそ若々しく見せる秘訣です。
 若々しいい色使いの服装をしていることで、行動も若々しく元気になっています。年を取ってくるとこういう若々しい色使いの服装をしなくなってきますね。それで行動も若くなくなります。動きも小さくなり、はつらつ感が無い。これが老け込む原因の一つだと思います。PTOやセオリーに合った服装や色遣いが必要なのはわかります。しかしそこに個性を出し、若々しさを演出することも必要です。
 例えば男性でしたらスーツの胸ポケットにポケットチーフを入れましょう。赤、青、黄、橙などの色を使うとそれだけでも若々しく見えますよ。女性でも小物にそういう派手なものを使ってみましょう。バッグや財布、コサージュでもOKですね。使った事が無い色を避けるのは普通ですから、普通に老け込んでいきます。アンチエイジングのトレーニングとして思い切って使ってみましょう。
きっと気分も変わってきますよ。


「アンチエイジングトレーニング」は、若さを保つためのトレーニング。これを続ける事で心身ともに3割若くなることを目指します。それは、生活習慣病の予防でもあるのです。運動、栄養、休養が大切です。日々の努力があなたの若さを保ちます。

おまけが有ります。それは認知症予防です。

 #岐阜 #認知症 #アンチエイジング #梅村健治 #アンエトレ #3割 
 
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 15:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

ブドウ糖はアミノ酸より使える2

筋トレ前後にブドウ糖を食べています。運動直前と最中、直後に1錠錠づつ。1個3gで12㎉のものです。

筋トレの後に感じていた疲れ感はかなりなくなりました。この疲れ感は、筋トレが終わってから数時間続いていたものです。ひどいときはあくる日にならないと回復しませんでした。それがありません。

筋トレしない日は、プールでウオーキング、水泳、温浴施設での水中ヨガ(温浴ヨガ)などをしています。この場合の動揺にブドウ糖を摂って見入ると、これもまた疲労感が少ないのです。温浴ヨガは、水分補給も大切ですので、持参の飲料に1錠混ぜています。この場合にも効果が感じられました。入浴疲れが少なくなりました。

今までプロテインにビタミンや炭水化物などを混ぜて摂取していたのですが、疲労回復という観点からは効果を感じられませんでした。筋肉量の増え方も今は劇的に増えるということはありません。しかし、この感じですと筋肉量も増えていくのではなかろうかと思います。

なぜかといえば、筋肉痛がほとんどなくなったからです。筋肉痛は、筋肉の微細欠損(諸説あり)が原因で起こるといわれています。筋肉を使うと顕微鏡で見なければわからないような傷ができるのですがブドウ糖が筋肉の代謝を補っているのかもしれません。

筋肉にエネルギーがなくなると、糖を分解したり、脂肪を分解したり筋肉にあるたんぱく質を分解してしてエネルギーを得ます。この筋肉の分解がブドウ糖を利用することでなくなるのではなかろうかとも考えています。
筋肉を使いすぎると、筋肉を分解するホルモンが出てくるということも言われています。これが筋肉の成長を妨げているのではないこと思います。これは筋肉が成長しすぎるのを防ぐ安全装置の役割なのですが、働きすぎると、思ったように筋肉が大きくならないということもあるようです。

この筋肉を分解しなくても済むということは、筋肉が付きやすいということだろうと思います。前回も書いたのですが、私の筋肉量は、一月後には効果が見え始めると思います。3か月後には間違いなく結果が出るでしょう。


いい結果が出ることを望んでいます。


posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 09:08| 岐阜 ☀| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

エンパワメントで免疫を考える(新型コロナ時間)


エンパワメント(empowerment、エンパワーメント)とは新しい概念で、社会や個人の発展や改革が出来、力を十分に発揮しやすくすることを言います。日本語では能力開花や権限付与と訳すことも有るようです。この考えを新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策に当てはめて考えてみます。
 三密を避ける、自粛、飲食に行かないなどは今のやり方。個人の発展や改革と言う概念を入れると、生活習慣を変えて免疫をうまく働かせるようにする事はエンパワメントに当たります。
 免疫を正常に働かせ感染症に強くなるには、 水を飲む、適度な運動、偏りのない栄養を摂るように食事をする。質の高い睡眠をとる。というようなことが必要です。これを可能にするには、社会全体を変えなければうまくいかないと考えます。社会の何を変えるのか。それは生活時間です。生活時間を変え今より1時間早寝早起きをする。そして仕事を始める時間を1時間早め、終業時間も1時間早めます。日本全国一斉にこれを行えば何の問題も有りません。1週間あれば、日本で暮らす人すべてこの時間になれるでしょう。私はこれを新型コロナ時間と言っています。
これこそ社会と個人を新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)やこれから来るであろう薬の効かない細菌などに打ち勝つ力を持つ社会や個人ができます。早寝早起きは養生の基本です。養生は個人の体力免疫力生命力を上げるる古来からの健康法です。加えて早く仕事が終わることで8時に終わると言う飲食産業の経営を助けることもできるでしょう。適度な運動に時間を使うこともできます。余暇の時間の有効活用で、ストレスも少なくなり、免疫も活性化します。運動により体に疲れが出ると質の高い睡眠が得られやすくなります。また早起きにより、太陽の光を浴び朝食を摂れば体内時計が整い深い睡眠が得られやすくなります。日本人は世界でも睡眠時間が少ないと言われています。睡眠時間が少ないと良質な睡眠が取れないない可能性が有ります。睡眠不足による生産性の落ち込みも防げます。鬱や認知症も睡眠不足、質の悪い睡眠が原因の一つであることがはっきりしています。睡眠の質を上げるだけで様々な病気が良くなり、生産性まで上げる事が来るのです。コロナ時間の採用でお金をかけることなく実現できるのです。
日本発祥の新しい生活。新型コロナ時間を推進しましょう。
#新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) #免疫 #新型コロナ時間 #エンパワメント
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 19:49| 岐阜 ☁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

認知症改善、予防にヨガがいい。

 認知症は記憶の衰えるだけの病気ではではありません。五感の目、耳、鼻、口、身体の認識力とその感覚が落ちる様々な病気の症状です。この認知力と感覚を上げていけば認知症は改善できるのです。
 認知症の予防に最も効果が有るのは運動だと言われています。運動によって血行が良くなり、体だけではなく脳にも血が巡るからです。脳の機能で、体を操る機能は全体の80パーセントを占めると言われています。体を操るとは、目で認識し、耳の三半規管ででバランスを取りつつ、体を動かすと言う高度な認識と感覚を使います。これを操る脳の機能を使います。つまり、いろいろな動作を行うヨガは効果が高いと考えています。またバランス系のアサーナは、特に脳を使うと考えられます。
 そして呼吸法による瞑想は、酸素を体中に巡らすだけでなく、言語によることのないイメージで脳を活性化させます。私は、この瞑想がより脳の働きをよくすると考えています。現に、マインドフルネスによる海馬や前頭前野が大きくなったという報告がアメリカで有ります。エビデンスになるにはまだ資料が不足だという事ですが。
 筋肉を意識してアサーナを行う場合、筋肉と神経、脳のつながりが良くなるります。これは筋トレのスロートレーニングに通じる事です。
私はこのスロートレーニングで、部分的な筋肉の緊張の仕方が解ってきました。体を痛めたとき、理学療法の先生にかかるのですが、普通の人より筋肉を緊張させる、弛緩するという事がうまいと言われました。筋肉を意識して操ることができるようになったのです。運動により、筋肉と脳と神経がつながるようになったのです。これは認知症のトレーニングになります。

認知症もこの技術で改善するのです。スロートレーニングはこのヨガの技術を取り入れています。認知症予防に効果的な筋トレです。



「アンチエイジングトレーニング」は、若さを保つためのトレーニング。これを続ける事で心身ともに3割若くなることを目指します。それは、生活習慣病の予防でもあるのです。運動、栄養、休養が大切です。日々の努力があなたの若さを保ちます。

おまけが有ります。それは認知症予防です。
#岐阜 #認知症 #アンチエイジング #梅村健治 #アンエトレ 
coconala(ココナラ)で出品しています。

https://profile.coconala.com/users/852338
https://coconala.com/services/570185
https://coconala.com/services/838011
https://coconala.com/services/519548

 #岐阜 #認知症 #アンチエイジング #梅村健治 #アンエトレ #3割 
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 14:51| 岐阜 🌁| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

頭をよくするには。

知識は勉強すれば付きますが、頭をよくする方法はそれとは違います。

頭が良い。

これは記憶力だけではありません。

記憶力を求めるとAIに負けます。

また判断力。これもAIに負けます。

子供の時から一生懸命勉強していろいろな事を覚え、判断力を付ける。即断即決ができ正しい判断が出来る大人になっても、AIに駆逐される時代がすぐそこです。町医者や会計士、裁判官など知識と判断力に頼るというようなことはAIの得意分野になって行くとのことです。裁判は何か月もかかっていたのが即日判決が出る。会計士に頼まなくても経営判断ができるというような時代が近いのです。漁業でもAIの投入で、ビッグデーター(ベテラン漁師の過去の漁果情報を気象と照らし合わせたもの)を使い漁場の特定がしやすくなるようなシステムが来年、平成3年に実用化されるそうです。

このようにAI に負けない知能を付ける。これが頭をよくする方法だと思います。この方法が有ります。

瞑想です。

特にビッパシャーナ瞑想と言われる、今の自分に注意を向け気が付く瞑想。無意識を意識化すると言う瞑想です。これは認知症の改善に効果が有ると言われています。この瞑想をマインドフルネスと言う事も有ります。

認知症は物覚えだけでなく五感が衰えていきます。五感は目、耳、鼻、口、身体の感覚で、これを常に意識するのです。この練習(ビッパシャーナ)が脳を活性化させ認知症が改善できるのです。これにより脳が活性化されるのです。この脳の活性化は健常者にも当てはまります。頭が良くなると言う事になります。

瞑想をすると集中力が付き、記憶力が上がります。その記憶から瞬時に必要な情報を引き出す事が出来る様になります。これでAIと戦えます。そのあとに瞑想による閃きがくわわり、想像力がつき新しといものを生み出す能力が付きます。AIは文章の読解が不得意だと言う事です。いわゆる「そうねだいたいね」と言う事は得意でなく文章や芸術を理解(古物商のように、値段を付けるのは上手いが、贋作を見破るのは下手のような感じ)するのは難しいとされています。こういう人間の直感というようなものも瞑想でついてきます。

他に運動が脳を活性化させることも分かっています。一般的には有酸素運動が良いと言われています。運動により体中に酸素と栄養が運ばれます。当然脳にも血液や栄養が回り、ボーとした頭がクリアーになります。テストを受ける前に軽い運動をすると結果が良いと言う報告も有ります。計算問題を解くテストでは回答率が上がったと言う結果も有るようです。

私は有酸素運動だけでなく筋力トレーニングも効果が高いと思っています。筋肉を意識すると脳と筋肉、神経のつながりが良くなり、筋肉のコントロールができやすくなります。コントロールと言う無意識を意識化することで脳の働きはよくなります。

瞑想と運動。これ完璧に頭が良くなります。

頭の回転が悪くなった、物覚えが悪くなったなどと脳力の衰えを感じておられるなら瞑想と運動をお勧めします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アンチエイジングトレーニング」は、若さを保つためのトレーニング。これを続ける事で心身ともに3割若くなることを目指します。それは、生活習慣病の予防でもあるのです。運動、栄養、休養が大切です。日々の努力があなたの若さを保ちます。

おまけが有ります。それは認知症予防です。

 #岐阜 #認知症 #アンチエイジング #梅村健治 #アンエトレ #3割 
posted by アンチエイジングトレーナー 梅健、 at 10:16| 岐阜 ☔| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド